結婚相談所を利用しているのはどんな人たち?会員の特徴をご紹介

結婚相談所を利用しているのはどんな人たち?会員の特徴をご紹介

結婚を真剣に考える人たちにとって結婚相談所は気になる存在ですよね。

ただ他のマッチングアプリや婚活サービスなどと比べるとややハードルの高さを感じる面もあり、近寄りがたい雰囲気も感じられるかもしれません。

そこで今回は結婚相談所を利用しているのはどんな人たちなのか、その傾向について紹介します。

目次

結婚相談所を利用している男性の特徴

最も多い年代は30~40代

各相談所の傾向によっても違いはありますが、概ね男性の利用者は30代から40代くらいがボリュームゾーンと言われています。

一般的に結婚を考える男性の年齢層は女性よりも高めで、さらに就職して間もない頃から仕事も落ち着いてきて金銭面でも余裕も出てきたことで、あらためて結婚について考えるという男性が多いからだとされていて、年齢的にも出会いよりも結婚という結果を求めている男性が多いと考えられます。

収入面で余裕のある人が多い

前述もしたように結婚相談所を利用する男性は30~40代が最も多く、社会人としても仕事に慣れて役職に就き、収入面で余裕の出てきたという傾向にあります。

またある程度の貯蓄もできるようになって、そろそろ真面目に家庭を持ちたいと考える人が多くなります。

他にも結婚相談所などでは金銭に余裕のある男性が有利になる側面があり、女性受けがいいといった点からも結婚相談所を利用しやすいといったことがあるようです。

結婚に対して真剣

もちろん、結婚相談所に登録する以上は結婚に対して真剣に考えている男性が多いです。

年齢的にも早い同僚などでは20代で結婚していますから、30代、40代にもなると女性と付き合いたいというだけでなく、結婚して家庭を持ちたいと思うようになる男性は少なくありません。

そこで単に女性と知り合うというだけでなく、結婚という結果にまで至る可能性の高い結婚相談所という場を選ぶ人が多くなっているわけです。

仕事の忙しさで出会いが少ない

結婚の形としては恋愛結婚や職場結婚なども多いケースですが、結婚相談所に登録する男性はそうした機会にあまり恵まれてこなかったというタイプが多くいます。

たとえば仕事が忙しすぎて、職場の人間以外と関わることが少なかったり、職場環境によっては人の入れ替わりがあまり多くないために知り合う機会が無かったり、そもそも若い独身女性まわりにあまりいないといった理由から、出会いを求めて結婚相談所に登録するわけです。

結婚相談所を利用している女性の特徴

日常生活であまり出会いがない

女性の場合は保育士や化粧品関係、アパレル方面など、女性が働き手の中心となっているような職業の人が多い傾向にあります。

そうした職場では男性と知り合う機会自体が多くなく、自ら積極的に出会いを求めない限りは職場の同僚の女性とばかり仲が深まって、結婚について真面目に考えられなくなってしまうというのもよくあることです。

そんな中で結婚を考えた場合、より実現性の高い結婚相談所を選択するというケースは少なくないのです。

年齢層は20代後半~30代が多め

女性の年齢層は男性と比べると10歳程度若めで、20代後半から30代がボリュームゾーンです。

一般的に女性の結婚年齢は男性に比べると低いので、そのままの数字が表れているとも言えますが、大学や短大を卒業してすぐに結婚するというケースはあまり多くはなく、まずは就職して少し落ち着いてから、結婚について考えるようになります。

収入面は男性ほど求められないということもあり、近年ではさらに若い人も増える傾向にあるとも言われます。

容姿も内面も大人な女性は多い

結婚相談所に登録する女性には美人で大人なタイプも多いと言われますが、それは外見だけでなく内面にも通じていることが多いと言われます。

20代半ばを過ぎて結婚を真剣に考えるようになった女性は、それまでに男性とのお付き合いもそれなりにしてきており、特に容姿に優れていれば多くの男性にモテてきています。

そうした女性はそれまでの経験によって男性の心理についても理解があり、大人の余裕を持っていることが多いのです。

40代の女性も少なくない

女性の基本的なボリュームゾーンは20代後半から30代ではありますが、それより少し年上の40代の女性も一定数存在しています。

こうした女性の場合は、たとえば一度結婚を経験しているもののそこから離婚をしていたり、あるいは仕事に熱中してキャリアを重ねていく中で、自然と男性との真剣なお付き合いの機会を逸してしまい、これからあらためて婚活をしようと考え始めたタイプが多いと言えるでしょう。

スタッフの目から見る会員の特徴

人気のある会員とそうでない会員の差が大きい

結婚相談所など登録制の出会いの場では、基本的にプロフィールが大きな力を持ちます。

そのため収入や職業、容姿や経歴などで人を見られることが多く、そうした会員に人気が集中する傾向にあります。

一方でそうしたプロフィール上でわかりやすい長所のない会員は人気がなく、その差が顕著になってしまうのです。

また異性に慣れている会員は第一印象が良いことも多いため、そうしたタイプに人気は集まってしまうと言います。

会話を得意としない人が多い

男女ともに共通することですが、結婚相談所に登録する人はそれまで付き合いが広くは無かった傾向が強く、コミュニケーションにも不慣れというタイプが多いようです。

仮にコミュニケーションが得意であれば、会社でも出会いの場でも積極的にパートナーを作ることができるはずですから、それも確かと言えるかもしれません。

ただこれは不慣れで不器用ということであって、ちょっとしたコツを掴めばすぐにうまく話せるようになる人もいるそうです。

高スペック男性が多い

高スペックとはたとえば、収入が多くて一流企業に勤めていたり、企業家であったり、医者や弁護士など一流の資格を持っていたり。

さらには外見の面でも高身長で容姿に優れているような人も少なくないのだとか。

これは高スペックの人ほど結婚相談所で優位になるため登録しやすいといったこともありますが、他にも真剣に付き合える女性を求めているからこそ、きちんとした出会いのある結婚相談所に登録するということもあると言えるでしょう。

男女ともに遊び人がいない

これも結婚相談所ならではかもしれませんが、これまで派手に異性関係で遊んできたというタイプはそれほど多くないとも言います。

仮によく遊んでいるタイプなら既にパートナーを見つけて結婚していたり、真面目に結婚相談所で相手を探そうと思わないのではないでしょうか。

逆に遊ばないような性格だからこそ、これまでは出会いに恵まれず、その真剣さで結婚相談所に登録したとも考えられるでしょう。

恋愛経験が少ない人が多い

同様に恋愛経験もそれほど豊富ではないというタイプはかなり多いようです。

もしも恋愛に慣れていたら、先にマッチングアプリを選択して出会いを求めているのではないかとも言えるでしょう。

そんなふうに恋愛経験が多くないからこそ、真面目なお付き合いのために結婚相談所のサポートを必要として、登録をしているということかもしれませんね。

若い女性、美人も多い

カウンセラーの目から見ても、登録者に若い女性や美人は少なくないようです。

様々な理由が考えられますが、美人だからこそ相手から引かれてしまってあまり恋愛経験が無かったり、職場の事情によって出会いが少なかったということはあるかもしれません。

また結婚相談所は相手のプロフィールがわかりやすいため、真剣に結婚を求める女性ほど、登録して真面目に婚活をしようということがあるのではないでしょうか。

まとめ

一見するとどんなサービスなのか掴みにくいところのある結婚相談所ですが、真面目に結婚したいと考える人にとっては、共感できる部分も多かったのではないでしょうか。

本記事を読んで気になった方は、ぜひご利用も検討してみてくださいね。

M Plus(エムプラス)

\ あなたの幸せな結婚を全力サポート!無料相談受付中 /

私たちの結婚相談所は、理想のパートナーと素敵な出会いをサポートし、幸せな未来を共に築くお手伝いを致します。あなたの希望や想いを真剣に受け止め、最適なマッチングを実現させます。

\ あなたの幸せな結婚を全力サポート!無料相談受付中 /

M Plus(エムプラス)の強み

  • 月会費がリーズナブル5,500円~
  • 20代の女性なら入会金90%OFF
  • 30日間全額返金制度で安心して婚活をスタート
目次